魔弾ジュエリー公式サイト
Download!Download Point responsive WP Theme for FREE!

M4バレル⇒M16パナナカービン仕様に加工

これはとあるショップ様のクライアントのオーダーで、M4 のバレルを加工して M16パナナカービンのバレルを作ってくれ!

と大変そうな依頼がきまして、ショップ様と打ち合わせ後なんとか、M4バレルの根元と先端部分を使いつつ、長さが短くなる分は中間部品で作ることになりました。

<先端の直径18ミリから16.6ミリに加工してる様子>
M4バレル 加工M4 バレル加工

<中間部品の製作の様子>

<出来上がった3つのパーツ>
中間部品だけ、アルミの塊からの削り出し品。
左と右は、元々のM4バレルから切り出し加工した物。

<最後にサイトポストが固定されるガイドピンが当たる溝の加工>
この溝は、全てねじ込みした状態で、位置決めをして加工しないと垂直がでないのです。

< できあがりました♪ >

結局、4時間くらいで終るかな?と思っていた案件ですが、治具製作も含めトータルで10時間近くかかってしまいました。

外径関連は 0~0.05mm 以内
組み立てた全長の誤差は 0.2~0.3 以内。

正直オーバースペック気味な数値です。でもマイクロメーターで計測してると数値がデジタルででちゃうので気になり、ついつい機械回して削ってしまいます。

3mmのボールエンドミルという刃物が必要で購入もしたので、正直仕事した時間と金額が合ってないのですが、見積もり時にこんなに時間がかかると思わなかったので、自分の責任です。勿論最後までやり遂げます!

今回の加工では、自分の工作機械で出来る最大数値などを知る事が出来たり、M4やM16の寸法などを知ることが出来ました、次の仕事に活用したいと思います。

あとは、なんの問題もなく装着できて、依頼主が喜んでくれたら良いなと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.